拝啓 かぞえてんぐ様




こんばんは。Mです。

真面目に仕事しろよと怒られそうです。怒らないで!

仕事は真面目にやってます。ほんとです。

 

かぞえてんぐとの出会い

急にどうしたのかと思われるかもしれないが、私は隠れ「かぞえてんぐウォッチャー」である。

 

かぞえてんぐの存在を知ったのは、長男が1歳になるかならないかの頃だ。

その頃、初めての育児のプレッシャーから育児書やネットの情報に縛られ、育児を楽しめていなかった私は、何気なくつけたテレビに度肝を抜かれることになる。

 

 

 

 

 

「教育テレビに、変態が出ている……(;´・ω・)」

 

 

当時の私の認識は、Eテレ=教育テレビである。私はにこにこぷん世代である。

 

私の記憶が正しければ、「おかあさんといっしょ」は公明正大、仲良きことは美しきかな、清く正しくなんとやらを絵に描いたような番組だったはずだ。

 

 

 

なぜ、変態が出ているのか。

 

 

私がEテレから遠ざかっていた20数年の間に、何が起こったというのか。

 

 

 

かぞえてんぐの魅力

目が離せなくなった私はひそかにかぞえてんぐのコーナーにはまる。

 

魅力1 高いを通り越したテンション

まずテンションがとんでもなく高い。

目が点になるほどの高さ。

 

しょっぱなから「アヒャっ!ウヒヒっ!!(゚∀゚)アヒャ」みたいなテンションで出てきかねない。週による

 

 

そして。

かぞえてんぐ「みんなーー!!てんにちはーーーーーーー!!!!!」

子どもたち 「てんにちはーー」(引き気味)

 

 

 

まず全くもって朝8時のテンションではない。

本来テンションが高いはずの子どもたちの声が霞むそのテンション。

 

朝8時、このテンションの高さが許されるのは、松岡修造とかぞえてんぐ、この2人において他に無い。

 

魅力2 数えることへの執着

これは私の想像でしかないが、おそらくこのコーナーの最初のコンセプトは、「具体物を実際に数えることで10までの数に慣れる、親しむ」みたいなことだったんじゃないだろうか。

この番組のメインターゲットは3歳児である。

 

 

 

そのコンセプトを容易に突き抜けるかぞえてんぐ。

 

 

歯ブラシの毛の数を1200まで数えるかぞえてんぐ。

キャベツを5玉千切りしては「5280本」だったと喜ぶかぞえてんぐ。ちなみに千切りの手元はおぼつかない。スライサーが楽だよ。

家の鍵を24個もかけるかぞえてんぐ。

スイカの縞模様をグルグル数えてエンドレス、数え続けること1万を超えるかぞえてんぐ。

 

 

 

10までの数うんぬんのコンセプトは?????

 

 

 

コンセプトをガン無視である。

3歳児、余裕の置き去りである。

 

 

 

このキャラクターを、「うたのお兄さん」が演じていることはもちろん分かっている。

 

 

だがどうだろう。

地球外生命体という設定のウサギの着ぐるみに「お鼻のおじさん」と呼ばれるかぞえてんぐは。

 

 

歌を歌ってもいなければお兄さんでもなくなっている。

 

 

魅力3 鼻

てんぐの象徴ともいえる鼻。

先がパカッと開いたと思いきや、様々なものが出てくる出てくる。

 

花は序の口。

傘。

筆。

クリスマスツリー。

 

 

鼻が根本からもげてテニスラケットがお目見えしたこともある。

ビヨンビヨンしていた。ラケットが。

 

そして鼻から何か出したかぞえてんぐは恍惚の表情である。

おかしいだろ。

 

魅力4 テーマソング

この世で一番素敵なことは 数を数えることなのさ~あぁ~~

と歌うかぞえてんぐのテーマソング。

引用はすべて、かぞえてんぐテーマソング「かぞえてんぐがやってきた」の歌詞からの引用です。
聴いて引用しているので、表記ミス(漢字・かななど)があるかもしれません。すみません!

 

 

ごはんの粒を数えていたら ホカホカご飯が冷めちゃった

まあそれはおかしいなりにも分かる。彼ならばやりかねない。

 

 

 

 

 

ところが。

ところがである。

 

春の葉っぱを数えていたら あっという間に冬が来た

 

 

 

 

 

 

 

異常。

異常と言わずなんと表現すれば良いのか。

 

 

他の表現を無理やり見つけるとすれば、これは非常事態である。

Emergencyである。

 

 

魅力5 テーマソングの続き

そしてこのテーマソング、普段は1番しか披露されないのだが、2番が存在する。

 

 

お空の星を数えていたら いつの間にやら眠ってた

 

 

ここで私たちはようやく安堵するわけである。

 

 

 

ああ、そんなこともあるだろう。

 

 

満天の星空を見ながら夜を過ごしていれば、星を数えながら寝てしまうこともあるかもしれない。

ようやく、かぞえてんぐの人間らしい一面が見られたのである。人間なのかはさておき

 

 

 

 

 

だが。

しかし。

 

 

 

 

 

 

夢の中でも数えていたら 終わらないから起きられない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶望。

 

ただそこに広がる絶望。

 

 

 

 

なんと彼は、数を数えることに縛られたあまり、睡眠から目覚めないというのである。

 

 

眠り姫か。

三年寝太郎か。

 

 

 

水曜日のスタジオ収録はどうするのか。

 

 

魅力6 子どもたちとの噛み合わなさ

そしてこのクレイジーなてんぐとスタジオに集結した3歳児が、見事なまでにかみ合わない。

 

 

着ぐるみの手の動かしにくさに配慮してゆっくり数えたいかぞえてんぐ。

そしてそれとは裏腹に、自由なテンポでちゃっちゃと数えたい子どもたち。

 

 

 

徐々に数える数がずれていく。

 

 

 

結果。

 

うたのお姉さん「みんなー!クッキーの数は、全部で何個あったかなー???」

子どもたち「はちぃななhちnなおいjsいgんf!!!!!ガヤガヤ」 正解は7。

 

 

 

 

 

 

収拾がつかなすぎる。

 

 

そう。

かぞえてんぐは、数える具体物を出す役割を担う、手元がおぼつかない着ぐるみに配慮しつつ、スタジオの自由すぎる3歳児軍団のコントロールに苦労するという、板挟みになっていたのである。

 

拝啓 かぞえてんぐ様

最初はドン引きあっけにとられたかぞえてんぐのコーナー。

 

 

数を数えるだけかと思いきや、リンゴが3つ、バナナが4つ、合わせて??という足し算の素地の回あり。

変態度合いが強すぎてクレームが来ないのか心配になる回あり。

鼻がもげるシステムに驚愕する回あり。

ホロリとさせられるミーニャとの別れのシーンあり。

コンサートで黄色い声(主におかんの)を浴びる姿あり。

 

 

 

育児という24時間休みない仕事の、息抜きになってくれてありがとう。

 

 

 

「おかあさんといっしょ」は、もはや「おかあさんといっしょ」に見てねという子どもへのメッセージではないのではないかと思っている。割と真面目に。

 

「おかあさん、(あなた)といっしょ」に子育てしますよという母親への応援メッセージなのではないかと思えてならない。

きっと、Eテレは、全国のお母さんの味方である。

 

 

 

かぞえてんぐさん、今までありがとう。

だいすけお兄さん、今までありがとう。

 

Eテレよ永遠なれ。

シェアして頂けると嬉しすぎて子どもと踊ります!

LINE@始めました!

ブログの更新情報、ブログに書けないあれこれ…?、LINE@お友達限定の先行情報などなど配信します。

お気軽にお友達登録して下さいね!

友だち追加

【ID:@igy7763r からでもお友達登録できます】