【メール講座5日目】「差別化しなければ売れない」のウソ

こんにちは。

「いわきで子育て。しながらブログ。」松本です。

 

昨日は、「売れない理由は価格が高いから」という勘違いと、お金を払ってもらえる人になる方法についてお話しました。

さて、いよいよ最終日。

今日は無料メール講座【WEB集客】陥りがちな5つの勘違いと成功の法則の5日目です。

 

早速進めましょう。

 

差別化しないと売れない?

USPなんていう言葉もあるように、マーケティングの世界では、「自社サービス独自の売り」「サービスならではのセールスポイント」が必要と言われています。

 

なので、多くの人は、競合サービスを調べ、「競合サービスより優れたサービスを作らなくては」と考え、行動しがちです。

でも、冷静に考えれば分かります。

 

競合よりどこもかしこも優れた素晴らしいサービス、出来ますか?

難しいケースの方が多いのです。

 

専門性の高さで差別化する?

例えば、専門性の高さで差別化しようとしたとします。

「当サービスは、他のどこよりも豊富な専門知識を持っています」という具合です。

一見、圧倒的に強そうです。

 

ですが、ここで忘れてはいけないのは、サービスを利用するお客様のことです。

専門家のサービスを利用するお客様は、専門知識を持っていません。持っていたら頼みません。

専門知識がないので、「誰が本当に専門知識をたくさん持っているのか」判断ができません。

 

ですから、あなたがもし本当に、競合に負けない専門知識を持っていたとしても、それがお客様にきちんと伝わらないのです。

さらに、競合サービスが、「当サービスの方が知識豊富です」とアピールしてくる可能性もあります。本当かどうかは分かりません

 

そう考えると、専門知識の豊富さで差別化を図るのは、意味がないことになります。

 

実績と経験で差別化する?

では、実績と経験で差別化するのはどうでしょうか??

 

 

素晴らしい方法だと思います。

…実績と経験があるなら。

 

 

多くの新規事業の場合、実績と経験がありませんから、この方法が使えるのはレアケースです。

 

競合を調べて超ニッチなサービスで差別化する?

多くの人が陥るのがこのパターンです。

競合を調べに調べて、誰もやっていないニッチなサービスで差別化を試みるパターンです。

 

 

このパターンで勝負しようとした人は、競合にいない、見たことのない肩書を付けたりします。

「自分の人生も子育ても充実させる!自分軸♡オンリーワンで輝くキラキラ起業ママのためのマーケティングコーチ」みたいな。
特定の個人のことではないです。そしてママ起業をディスりたいわけじゃないです。私もママで起業してますから。

 

 

そして、いるかどうかも分からない(いるかもしれませんが)顧客に向けて、ニッチすぎるサービスを打ち出します。

それは競合もいないでしょう。

 

 

ですが、ニーズもありません。

 

この方向性に頑張る差別化が、本当に効率的なのでしょうか??

 

差別化しようとしなくてもよい

一般的な長所のみが差別化のポイントではない

まず、考えて欲しいことの1つ目です。

 

例として、車を買うことを考えてみます。

車のメーカーには、国産大手だけでもトヨタ、ホンダ、日産、スバル、スズキ、ダイハツなどがあります。もっとあるでしょう。

そしてこれらは互いに競合メーカーです。

海外まで目を向ければ、高級海外ブランドも競合になってきます。

 

 

先ほどの考え(売れるためには競合のどこよりも優れている必要がある)で考えれば、これらのメーカーの中でどこかが優れていれば、人はそのメーカー以外の車は買わないはずです。

 

 

ですが、実際はどうでしょうか。

それぞれのメーカーにそれぞれの顧客がいます。

 

「車」という一つの製品について考えても、「デザイン性」「エンジン」「乗り心地」「細部へのこだわり」「構造」「価格」「創業者の想い=メーカーのコンセプト」「スペック」「高級感」「営業所のスタッフの人柄」など、顧客によってこだわる差別化ポイントは千差万別だということです。

 

つまり、差別化のポイントは、一般的な長所だけではないということです。

競合サービスAに、デザイン性で勝てなくても、他で勝てるかもしれません。

競合サービスBに、コンセプトで勝てなくても、他で勝てるかもしれません。

 

あなたが思っている以上に、あなたのサービスには強みがあるかもしれないのです。

 

差別化は気が付いたらできている

そしてこの点も大切です。

差別化は、しようしようと躍起になると、行き詰まるものでもあります。

 

 

まずテスト段階でリリースしてみて、お客様からのフィードバックをいただきながら改善していくだけで、自然と競合と差別化されたサービスができあがることが多いのです。

 

そのつもりは無かったが、特定の業種の人と時間的に相性が良かった。

そのつもりは無かったが、個人事業主に評価してもらえた。

そのつもりは無かったが、起業を予定している準備中の人に喜んでもらえた。

そのつもりは無かったが、特に男性に合っていたようだ。

など。

 

それらはすべて、あなたのサービスの強みになります。

 

 

そう考えると、差別化を考えるよりもまず、「テスト商品をリリースしてみよう」というのが結論になります。

何度もこのメール講座で言っているので、「またか」という話かもしれませんが。

 

 

それでも、思い切ってあなたの考えたサービスをリリースしてみるべきです。

その先に、素晴らしい未来が待っているかもしれないのですから。

 

 

 

さて、今日まで5日間、無料メール講座をお読みくださりありがとうございました!

専門家として仕事を得、そしてサービスを展開していくための基本的な考え方について、ご説明してきたつもりです。

 

 

ここまでお読みくださったあなたに、明日、お礼として番外編をお届けします。

「お客様の声の最も効率的な載せ方」です。

どうぞ最後までお読みいただき、あなたのビジネスに生かして頂けたらと思います。

 

では明日、番外編でお会いしましょう。